【モートレ】英国式モータースポーツトレーニング
  HOME > ナビゲーター紹介


【モートレ】では、インストラクターや講師という表現は使いません。
なぜなら「ただ単に教える」「技術の刷り込み」を目的にしていないからです。イギリスでは当たり前の「各ドライバーの特性を分析して長所を伸ばす方式」「個性を伸ばすドライビング指導」を目指しています。

そこで、私たちは「ナビゲーター」を名乗ることにしました。

皆さんの目指す目標へ、いかに速く到達するかをお手伝いすること。

カーナビと同じですね。

勘に頼って、道に迷って、大渋滞・・・。
自分勝手なドライビングで、タイムが伸びずに、つまらない・・。

そうならないためにも、私たちがドライビングナビゲーターとして、個々のスキルや体調などを考慮し、個性を伸ばし、スキルアップのために最適なアドバイス・コーチングをご提供していきます。
皆さんが速くなれば、私たちも楽しいです。
さあ、ご一緒に楽しみながら、モートレで猛トレしましょう。


(ナビゲーター)

古瀬洋樹 ブログ:英国モータースポーツコラム

イギリス在住15年。Formula Ford,Formula Renault を経てツーリングカーへ参戦.。日本人として初のRACMSA(イギリスモータースポーツ協会)公認レーシングスクールインストラクター。また、97年にはBritish F3 Rowan Racingにてチーム監督に就任。同年10月にHF.com Ltdを設立し代表に就任。翌98年にはシルバーストーンレーシングスクールの立ち上げにアドバイザーとして協力し、同スクールのエージェントとして日本人ドライバーの育成を開始する。過去には、下積み時代の佐藤琢磨のよき相談相手でもあったなど、イギリスと日本をつなぐ掛け橋的な存在として活躍。長年にわたり築いてきたネットワークは企業からも情報源として重宝されるため、レース業界のみならず多方面のコンタクトを持つ。
2010年、FIA GT世界選手権において、日産GT-Rを駆るSUMO POWERチームマネージャーに。

HF.com Ltd
ヨーロッパをベースとし、東京にもブランチを有する日系モータースポーツマネジメント会社。日欧両サイドにおける膨大な情報網と97年設立から10年を越える経験で日本人ドライバーの海外でのトータルサポートを行う。ヨーロッパで培われた厳しい眼と独自のドライバー育成方式で、近年ではプロドライバーを目指す日本人若手カーターのヨーロッパでの育成も担当。育成後、メーカー系ドライバーとして日本に逆輸入するパターンを成功させている。



■鈴木宏和 http://www.arios.info

マーチカップ東日本シリーズで4年連続(2004〜2007年)シリーズチャンピオン。2008年にはS耐で優勝。JAF戦ワンメイクレースの他にも耐久レースやチューニングカーのタイムアタック、ドライビングレッスンの講師を務める。
英語で書かれたドラテク関連の専門書をイギリスから取り寄せるなど、ドライビングへの研究心は人一倍。
エアロパーツメーカー「ARIOS」代表。




■山本 龍司 http://www.ryuji-y.com/

「はじめまして、山本龍司です!
私は2年間、日産・ニスモのスカラーシップを受けフォーミュラルノーUKに参戦していました。
皆様ご存じのように、日本のドライバーより海外のドライバーは速い・強いといった印象をお持ちでは無いでしょうか?
それはF1を見ても分かるよう、海外選手が殆どです。
私はその理由が、日本とヨーロッパにはドライバーの指導方法に違いがあると感じました。
日本で多く見受けられるのは、講師から主に走り方を教わる「ティーチング」ですが、 私がヨーロッパで見て体感したのが、ドライバーと共に考え自分の走りを編み出す「コーチング」と言う指導方法でした。レースに限らずどの世界にも、自己流を編み出した人達が頂点に立てるのだと私は感じます。
言葉に大きな違いは感じられませんが、内容には大きな違いがあります。そこで今回のスクールでは、コーチングを取り入れた今までに無い新たなスクールを提供して行きたいと思います。私自身、言葉の通じない異国の地で共に考えてくれるコーチの存在に助けられました。
今回は私達が少しでも皆様の力になれるよう頑張たいと思います!」

 





【モートレ】英国式モータースポーツトレーニング